声は多くの情報を含んでいる

ああ、やっぱりそうか、という印象があります。

ヒトの脳には「イントネーション」を理解するニューロンがあった:研究結果

例えば、人間が声を上向きや下向きに変調すると、言葉や言い回しが強調される。
「これらの相違点は非常に重要です。なぜなら、これは言葉自体を変えることなく、言葉の意味を変えているわけですから」
(中略)
データを分析すると、脳は子音と母音のために調整されたものとは性質が異なる、ピッチのために調整された特定のニューロンをもつことが見て取れた。「このことからわかるのは、耳と脳が音声信号を読み取り、異なる要素へと分解し、そして異なる意味を引き出す処理をしていることです」


声の持つ魅力と、可能性を感じます。
伴って、何か伝えたい時には、色々と気をつけないといけないということも。
言うための、喋るための訓練というのも、必要なのかもしれません。

リハーサルくらいは、少なくとも。
スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

親切な人と利己的な人は脳が違う

……らしいんですよ。

親切なのは生まれつき? 利他的な人と利己的な人では脳の構造が異なることが判明(米研究)

マーシュ教授は「脳スキャンからは、利他的な人たちのほうが、右の扁桃体が大きめであることがわかりました。今回の研究結果は、利他的な性質の個人差は、基本的な神経基盤によるものである可能性を示唆しています」と話した。


なるほどなー、ならば、どうしても理解できない、断絶すら感じるのも分かる気がします。
また、

際立って利他的な人は、脳の構造においてもサイコパスとは正反対であるということが言えるだろうとマーシュ教授は話している。

だそうです。

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

鶴屋吉信の柏餅

名店、鶴屋吉信。
5月だからでしょうか。柏餅が売っていました。

つるやよしのぶかしわもち
二種類あって、餡が違います。
餅米から作りました!というような餅の具合。たまりません。

当然ながら日持ちしませんので、ささっと食べないといけないです。
なので、帰り道にもぐもぐと。

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

本番で実力が出せない理由

ふと。
色んな人の動きを見ていて思ったのですけど。

本番で実力が出せてないのは、やっぱり緊張なのですね。
緊張で体が硬くなる。

やらなければ!という思いが力みを産む。
力みが思ったように動かせない!という意識になる。
硬くなるので呼吸が浅くなる。
だんだんと無酸素状態になる。
焦りがさらに披露を加速させる……、

というループなのかなと。

大したことない、と考えないとダメですね。

続きを読む

テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 日記

咲く庭

こんな機会でもなければ。

続きを読む

テーマ : 日々のつぶやき
ジャンル : 日記

検索フォーム
ぼんやり
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

xperia
新生Xperia、登場。