大走り新茶

伊藤園さんのおーいお茶大走り新茶。

大走りって?
「新茶の中でも特別に早く生産されたものをいう。
魚、野菜などで初物を走りというように、一般に旬以前のものをいういい方である」
とても早い時期、早摘みでも最初の時期のものをいうのではないかと。
おおばしりおーいおちゃ
お値段が凄い。
POSに通して、店員さんも「んっ?」となるほど。
320mlで324円というすごい価格。

しかし、「原価は6倍に上るプレミアム品」なのだとか。


飲むと…
茶葉のぬめるような若々しさ。
色味がちょっと違うんですよね。

単なる緑茶、として表現していいのかと思うほど変わった味。

>「お~いお茶 大走り新茶」の特徴は、(1)大走り新茶、(2)冷温抽出、(3)微粒子安定化技術の3点。
>大走り新茶は初物として日本の食文化の縁起物の一つでもあり、旨み成分が一般的な緑茶に比べおよそ20倍含まれる。
>また、新茶の旨み、鮮度感を最大限に引き出すように、低温(10°C前後)に設定して抽出した。

だそうです

缶入り飲料としてお茶を発売し、30年にあたるんだそうです。
そうかー。

飲むと、抹茶入りのお茶よりもはるかに、口の中がスッキリします。
すごい。

台湾茶のようでいて、旨味の濃さは比ではない。
限定品のようですので、お早めに。
スポンサーサイト

テーマ : コンビニ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ぼんやり
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

xperia
新生Xperia、登場。