FC2ブログ

エクソスケルトン自動生成

すごく短く伝えると、そんな記事がありました。
エクソスケルトンとは、強化外骨格。
より大型にしたものが、パワードスーツといえるのかもしれません。

これは、人間が今後、生活するサポートができるという期待をしています。
介護などもしやすくなるかもしれませんし、何より、介護対象者が、自身で活動しやすくなるかもしれないと。
「ダークナイトライジング」で、ブルースウェインが肉体を補強するのに足に巻いていたアレなんかも、強化外骨格といえるかも。

その外骨格、けれど、既製だとうまく使えないことも多いはず。

と思ってたら、個人のカラダに「最適化された外骨格」を、アルゴリズムが自動でつくる時代がやってくる
なんて記事が。

こうした制御アルゴリズムは、ユーザーに標準化されたアシストを提供するものではない。医師が患者に「よくなった? 悪くなった?」と聞きながら調整を行うように、自動的に設定を行うのだ。

ただし、アルゴリズムは実際にユーザーに質問するのではなく、センサーによるフィードバックを利用する。たとえば、歩くのに必要なエネルギーを最小化するために、呼吸をトラッキングすることで代謝率を計算し、カロリー燃焼を最低限に抑えるといったことだ。


人が調整するよりも良くなる。
現在の、例えば義足は、付けてみてどうかを、本人による応答で対応する。
しかしその応答は、使用時間によって全く異なってくる。
少なくとも、そのためには良いであろう条件設定をセンサーによって知覚することが、
より良い義足人生につながる可能性が高い。


さらにいえば。
対象の変更余地があるような強化外骨格が生まれてくる必要がある。

早くそんな時代が来て欲しいと思ったりする。
スポンサーサイト

テーマ : こんなのどうでしょうか?
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ぼんやり
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

xperia
新生Xperia、登場。