声は多くの情報を含んでいる

ああ、やっぱりそうか、という印象があります。

ヒトの脳には「イントネーション」を理解するニューロンがあった:研究結果

例えば、人間が声を上向きや下向きに変調すると、言葉や言い回しが強調される。
「これらの相違点は非常に重要です。なぜなら、これは言葉自体を変えることなく、言葉の意味を変えているわけですから」
(中略)
データを分析すると、脳は子音と母音のために調整されたものとは性質が異なる、ピッチのために調整された特定のニューロンをもつことが見て取れた。「このことからわかるのは、耳と脳が音声信号を読み取り、異なる要素へと分解し、そして異なる意味を引き出す処理をしていることです」


声の持つ魅力と、可能性を感じます。
伴って、何か伝えたい時には、色々と気をつけないといけないということも。
言うための、喋るための訓練というのも、必要なのかもしれません。

リハーサルくらいは、少なくとも。
スポンサーサイト

テーマ : 独り言
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ぼんやり
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

xperia
新生Xperia、登場。