FC2ブログ

XZ2Compactを使ってみて

そろそろ1ヶ月です。使ってみての感想を述べておきたいと思います。
過去、あまりやったことがないし、かつ、あまり残しておいて良いものなのか少し悩みます。
というのも、あまり褒めていないのです。

それと。今更褒めだした記事にも、形状が良くないと悪くいう人たちにも、
だーれも書いてないのが気になることがあるので。

まず、前提として。
前回使用していたのはXZ1Compactでした。
同じXperiaですね。

どうして乗り換えたか。
バッテリーが少し気になったんですね。劣化しているように思える。
すぐに無くなってしまう。買い換えたら、少なくとも同じくらいの時間は保ち、
かつ、劣化していない状態を得られる。
となると、今回のモデルデザインがイマイチだったとしても、
次のモデルが出てくるときまで持たせることが出来るはず。
それに、GPSも良い、というのは色々な意味で助かりそう。
そんなことを考えました。

いま、1ヶ月経って、早まったかな、と思っています。
あのままでも良かったのかもしれない、みたいなことを。
ええ、やや後悔です。


ではざっくり感想を。

良かったところ。
・XZ1Compactより写真がきれいに撮れるようになった
・画面大きくなった
・画面が綺麗になった
・さほど持ちにくくはない

良くなかったところ。
・XZ1Compactより重たい
・丸い手触りと置いたときの不安定さ
・サイズが大きくポケットから飛び出る
・電池保ちが変わらない
・異様に熱い

補足。
画素数は変わってないはずなんですけどね。不思議だ。
画面が大きい印象なのは何故でしょうね。さほど違いは無いはずなのに。
画面が綺麗になったのは、フィルムが新しくなったからだといわれたらその通りです。でもいいじゃん。

不安定なのは、置いたままあれこれする以外にも、置いた状態から持とうとしてうまく掴めないのです。
飛び出るのは本当にびっくりしました。ジャケットのポケットに入れて走ったら、跳ね飛んで落としました。
スマートフォンを外で落としたのなんて、恐らくXperiaAX時代にしか経験ないはずです。
そんなスマートフォンに使い慣れてない頃にしか起こらないようなことをしてしまうなんて……とショックです。

さて。肝心の2つ。電池保ちと熱い。
これ、スマートフォン詳しい人は分かると思うのですが、電子機器なので、暑さや熱さに弱いです。
熱いと動かなくなります。簡単にいうと。
よく、この暑い日の下で、充電しながらアプリ使おうとして「充電できない」と仰ってる方が居ますが、
熱暴走の危険があるため一定以上の温度になると動作を停止しますし、充電も控えるようになります。

そう。XZ2Compact、熱いです。
使用されているCPU、Qualcomm SDM845は熱いといわれていますが、
XZ1CompactのSnapdragon 835 (Qualcomm MSM8998)よりも熱いです。
えっくすぜっとつーあつい
計測は、Antutu Benchmark
室内に4時間居た後の画像です。

すぐ冷めることもあるのですが、アプリを使い始めると途端に熱い。
画像にもあるように、CPU最高温度は60度を計測しています。
そんなにすごいことしてるの?そんなわけありませんよね。素人ですから。
バッテリーは平均40度くらいでしょうか。

ちなみに今まで見た温度で最高は、再起動直後のCPU69度です。
まあそれは瞬間的だから、トは思うんですけどね。

これっていわゆる爆熱端末と呼べるものじゃないんですかね?
熱いとアプリの動作は制限されて重くなるしバッテリーも減りやすい。と思うんですが違いますか?

バッテリーの容量サイズがどうのよりも、ヒートシンクなどで熱を上手く逃がしたほうが、
暴走もそうですがバッテリーも労りやすくなると思うんですけど。そういう機構になってないのかしら。
本体サイズの厚みよりも、そのあたりをしっかり処理して欲しいと思うんですよね。
XZ1Compactは、ここまで熱いこと一度も無かったです。

これ、当初の目標の、次の機器まで保つのか、不安になってきました。
知らないですし。分からないですし。だーれもこんなこと書いてなかったですし。
でも、手に入れないという選択は無かったと思うんです。我慢の利かない子。

まあ仲良くしていくしかないのですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : スマートフォン
ジャンル : 携帯電話・PHS

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ぼんやり
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

xperia
新生Xperia、登場。